コーヒーの市場

コーヒーの通販商品を扱う日本最大級のポータルサイト
楽天の商品から美味しいコーヒーをご紹介




ブラジル コーヒーについて

ブラジルは世界の珈琲の3割以上を生産し世界のコーヒー生産国第一位の国です。
ブラジルコーヒーは生産量が多いだけに、名前のつけかたも様々。
ブラジル産のコーヒー名にはサントスと付くものが多いですが、これはサンパウロの近くの積出港の名前なので、ブラジル産コーヒーならどれもサントスと名乗ることができます。
また、No.2などという表示をよく見かけますが、これは等級をあらわすものです。
#の数で表されているのは、スクリーンナンバーと言いい粒の大きさを表します。
大きなものほど見てくれが好いだけでなく、香りや味わいも深いといわれています。
ただし#20以上のものは、マラゴジペという大粒の品種のもので、見栄えは抜群にいいのですが、多少大味です。
また味によっても6つに格付がけされます。

ブラジルの豆は一般に安価で品質も安定しており、また天然乾燥なので水分の含有量が少なく、焙煎時間が短いため、手焼きの入門用のコーヒーとして最適です。
しかもバランスがよく浅煎りから深煎り、さらにエスプレッソ用のイタリアンローストまでできるため、いりすぎても飲めなくなる可能性もなく、安心して練習できるのも魅力です。
ブラジルの豆はほとんどが自然乾燥式「サンドライ」で生成されていて、生豆は枯れたような黄色をしていますが、水洗式「ウォッシュド」のものもあります。
一般的には自然乾燥の方が、個性のある味わいがあるのに対し、水洗式は品質が均一で、香味が上品だとされています。
ブラジルのコーヒー、特に日本に輸入され、豆として販売されているNo.2規格の豆は、自然乾燥品でも品質の問題は全くありません。


【等級】
300グラム中に含まれる欠点豆の量によって、No.2~No.8に分けられ、No.2が最高品質となります。
また、大きさ(スクリーン)はS19~S13で分けられ、数字が大きいものが粒が大きいものとなります。
一般的に、大きいものの方が味が良くなります。

さらに、カップの味によって以下の6つのランクがあります。
Strictly soft・・・・充分に柔らかい、甘みのある味
Soft ・・・・柔らかい、甘みのある味
Softish ・・・・あまり甘みがない味
Hard ・・・・刺激性の強い渋味
Rioy ・・・・軽いヨードホルムの味
Rio ・・・・ヨードホルムの味
Rio Zone ・・・・強いヨードホルムの味
一般的に、「Strictly soft」のほうが品質はいいです。

■種類別
ブルボン
ピーベリー
完熟
オーガニック
スペシャルティ
トパージオ
JAS認証
サンドライ
イエローブルボンアマレロブルボン

■農園別
サントス
トミオフクダ
カクェンジ農園
ダテーラ農園
ショコラ
サントアントニオ農園
パンタノ農園
カショエイラ農園
ドコカ農園
ベネディト農園
プレト農園 /
ハイーニャ農園
サンタナ農園
バウー農園
モンテ・アレグレ
ホヌコペ
パライーゾ農園
イネス農園
サンパウロ農園
シーマ農園
セラード農園


2012年01月09日


専門サイトリンク集
・月別記事
2020年06月
2020年05月
2015年11月
2015年06月
2013年01月
2012年05月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月

・カテゴリ別
コーヒー豆
カップオブエクセレンス
おすすめ商品
フェアトレード
モカ
マンデリン
コーヒーグッズ
加藤珈琲
コンビニコーヒー
通販★5
楽天 おすすめショップ



専門商品を扱うサイトを集めました!
サイトモール

お酒専門ポータルサイト↓
お酒の市場

ドンペリをお探しならドンペリの専門サイトのこちら↓
ドンペリ価格情報

ドンペリの最新情報はこちら↓
ドンペリ紹介・価格情報

ディナーにぜひ!!貴腐ワインなどデザートワインをお探しならこちらへ↓
貴腐ワイン・甘口ワイン通販



自動リンクネットワーク